2017年04月30日

CONTAX V

 
 去年亡くなった義父の遺品、CONTAXV。
 戦前のドイツで作られたモデル。80歳近くにはなるのか。
 敗戦後の東西分割により東側ではキエフ、西側ではCONTAXVaとなるのだが。

  IMG_2030.JPG

 このアングルだと割ときれいに見えるが満身創痍。
   
  IMG_2031.JPG

  IMG_2032.JPG

 軍艦部はきれいやけどセレン露出計は動かない。
  IMG_2028.JPG

 シャッターは動かないしピント合わせのヘリコイドも重くてスムーズに動かない。
 本体はジャンクやけどレンズは多少の曇りがある程度で実用には差し支え無しなんで
 GX1に装着。
 レンズはLeicaに先駆けf1.5の明るさを実現したSONNAR50o F1.5。
 国内でもニッコールやキャノンがコピーするほどの銘玉と言われる。

  IMG_1991.JPG

 「CarlZeissJena」のロゴで戦前の製品だと分かる。
 このレンズのマウント、コンタックスCマウントと呼ばれてるんやけどピント合わせの
 ヘリコイドがレンズ側でなく本体側にあるという変わり者。
 なんでマウントアダプターの選択肢が少なくて高い。 
 そこで手に入れたのがキエフからマウント部だけを取り出しm4/3マウント取り付けた
 改造マウント。ヤフオクでロシアンレンズ3本ついて正規アダプターの半額でした。

  IMG_1958.JPG

 はい、これで80年近く前のレンズがよみがえりました。
 GX1と組み合わせると

  IMG_2007.JPG

 黒いボディにクロームのレンズ、なかなかカッコええと思いますけど(笑)

 最後に兄弟と集合写真。

  IMG_2035.JPG

 手前からV、RTS、N1。
 RTS,N1は京セラ時代の物やから異母兄弟か。



 
 

  
posted by かわちゃん at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449458037

この記事へのトラックバック